2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年06月12日

1杯のコーヒーから世界の仕組みを考える「おいしいコーヒーの真実」

日本でもかなりの数が飲まれていて、全世界での1日あたりの消費量は約20億杯にものぼるコーヒー。今回紹介する映画「おいしいコーヒーの真実」は一杯のコーヒーから世界の仕組みを考える映画です。

coffeenoshinnjitu01.jpg

この映画は、あなたの支払ったトールサイズのコーヒー1杯のコーヒ代330円からコーヒー農家が手にする金額はわずか約3円となっていて、コーヒ−豆生産者は窮因しているそうです。映画「おいしいコーヒーの真実」ではこのカラクリ、コーヒー産業の実態を暴きながら、貧困に苦しむコーヒー農家の人々を救おうとする一人の男の戦いを追うと言う物になっています。

詳しくは以下

coffeenoshinnjitu02.gif
↑一杯のトールコーヒーの金額の割り振り。

実際コーヒーは買って飲んでいるだけにタイトル、内容に惹き付けられました。この映画を見ると今まで何気なく飲んでいたコ−ヒーも見方が変わりそうです。

東京、アップリンクXで2008年5月31日(土)よりロードショー。また東京 アップリンクFACTORYでも6/25(水)まで公開されていて、その他地域でも公開予定があるそうです。詳しい会場情報は「映画『おいしいコーヒーの真実』公式サイト-劇場情報」からどうぞ。

余談にはなりますが、今の漫画家と出版社の問題を少し思い出しました。

映画『おいしいコーヒーの真実』公式サイト

関連記事
クリエイティブ・コモンズが主催するミュージックビデオコンテスト
飛行機から花まで。様々な物をX線で撮影する「X-RAY」
2016年のオリンピックのロゴ集「JO 2016 Design」
Appleマークをモチーフにした壁紙を集めた「60 Most Beautiful Apple Wallpapers」
街×LEGOのアートプロジェクト「Dispatchwork」
洗髪前と洗髪後を比べるプロジェクト「HAIRWASH PROJECT」
posted by admin at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック