2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年06月24日

現代アーティストたちによるおもてなし 企画展「夢の饗宴」開催

食に関して日本は、世界的に見ても注目を集めるクリエイティブな要素のひとつ。今回紹介するのは、資生堂ギャラリーで開催される、現代アーティストたちによる食のおもてなしをアートで表現した夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち」です。

資生堂

フランス在住の収集家・立松弘臣氏所蔵のコレクションの中から「年代もののフランスのメニュー」を展示、またクリエイティブユニットgrafのアート・カルチャーを扱うgraf media gmがセレクト・演出したアーティストたちが、メニューからインスパイアされた作品を公開するとのこと。歴史と現代が融合した、とても魅力的な展示会となりそうです。

詳細は以下

参加アーティストもさまざまで、ファッションブランドのシアター・プロダクツ、お料理ユニットの南風食堂、漫画家のほしよりこさんなど、いろんなジャンルの人たちが作品を手がけています。それぞれが饗宴のために必要なパーツとなる作品を制作し、graf media gmは空間の構成を担当。ひとつのテーマをもとに、とてもクリエイティブなコラボレーションが実現しています。

歴史を感じられると同時に、それを元にした現代の新しい表現を体験できる貴重な場だと思いますので、興味のある方は是非足を運んでみてください。

開催は6月24日(火)〜8月6日(水)、資生堂ギャラリーにて。

夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち

関連記事
クリエイティブコモンズ公認キャラ募集開始
世界中からアーティストが集まるアートの祭典「GEISAI」
有名なロゴデザインカラーチャート「The Colors Of Global Brand Identities」
最近の若者を描く「davario: wow!」
100種類の「音」を手に入れることができる「オトキノコ」
25人のポラロイドフォトグラファーが集まる「for the love of light」


posted by admin at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。