2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年07月01日

光で描く美しい世界「Lightmark」

光を使ったアートは今までDesignWorksでも「光の翼を表現したインタラクティブアート「Of the Now」」や「ライトを使って街に光の落書きをする「Light Graffiti」」お色々とお伝えしてきましたが、今日紹介する「」はドイツ人のフォトグラファーが描く光を使った幻想的なアート写真集「Lightmark」です。

lightmark_01.jpg

上記の写真のような、風景だけでも一枚の写真としてなりたつくらい美しい景色の中で光を使ってより幻想的に、表現しています。かなりの数が公開されていますが、今日はその中から、何点かピックアップして紹介したいと思います。

詳しくは以下

■No.60 | N 70°26’36.5“ E 27°53’27.1“,Tanafjorden, Finnmark, Norway, 2007

lightmark_02.jpg

光の輪は異世界の入り口そいんな印象をうける一枚。




■No.15 | N 53°24’57.6“ E 09°52’05.7“ Rosengarten, Germany, 2005

lightmark_03.jpg

草と相まって、光の花みたいです。




■No.39 | N 39°51’04.2“ E 02°48’29.6“, 120x120 cm, Diasec, Sa Calobra, Spain, 2006

lightmark_04.jpg

谷間に光る光は何を意味しているんでしょうか?星の光と相まって不思議な一枚です。


上記の写真以外にも素晴らしい光と組み合わせた写真が多々公開されています。壮大な世界観をさらに進化させたような作品で言い作品だなと思いました。

Lightmark | Cenci Goepel and Jens Warnecke | Hamburg | Germany

関連記事
IT関連のストリートアート「IT everywhere 」
鳥、コウモリ、蜂の巣デザイン集「THE BIRDS,BATS AND BEES」
暮らしの中で見つけた「小さなユーモア」を文具を提案するユニット「ユルリク」
捨てられた素材を材料にして作られたノート「レスキューペーパーノート」
数字がスライドする時計「digimech clock」
2年かけてたどり着いた 深沢直人デザインのボールペン「LAMY noto」
posted by admin at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック