2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年07月02日

かざして、動かして、奏でるピアノ「Air piano」

タッチパネルも随分と普及して今や携帯端末に搭載されるほどになりましたが、今回紹介するのはそれのさらに先?を言っているタッチしないで奏でられるピアノ「Air Piano」です。

airpiano.jpg

どういう仕組みで動いているかというと、赤外線センサーによって、ボード上の空間にマトリックスを形成し、手をかざして動かすことによって音楽を奏でるそうで、「ファミコンをテルミンに「FamiTheremin(ファミテルミン)」」で紹介したテルミンのような操作性を持っています。実際演奏している様子がYouTubeにアップロードされていましたのでご覧ください。

動画は以下から

YouTube - AirPiano - Musical Interface




YouTube - AirPiano - Controlling Ableton LIVE



このピアノはドイツ、ベルリン近くのFachhochschule Potsdamでインターフェースデザインを学ぶ学生Omer Yosha によって作られたそうです。動画を見て頂ければ分かるかと思いますが、かなり滑らかに音を奏でてくれます。音も比較的綺麗なので、これなら色々なイベントなどに使えそうです。どこか製品化に乗り出してくれないかなぁ。

airpiano

関連記事
化合物を楽しみながら学ぶ事ができる「イオンカード」
捨てられた素材を材料にして作られたノート「レスキューペーパーノート」
数字がスライドする時計「digimech clock」
2年かけてたどり着いた 深沢直人デザインのボールペン「LAMY noto」
世界最大級の巨大LED「comcast’s immense 10 million pixel video wall」
区切りに贈るプレゼント「Comma pendant」
posted by admin at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック