2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年07月07日

寝苦しい夜もコレで安心!?「睡眠誘導効果のある音源や音楽」

Designworksでは睡眠を補助してくれるCDやWEBサービスを「最後まで聞けないCD「Dreams」」や「眠れない人のためのWEBサービス「simplynoise」」などといくつかお伝えしましたが、今日紹介するのはそんな睡眠を補助してくれる、睡眠誘導効果のある音源や音楽をまとめたエントリー「睡眠誘導効果のある音源や音楽。これで気持ちよく眠れる?」です。

sleepingmusic01.jpg
photo by Chris Gin -Creative Commons Attribution 2.0 Generic

かなりの数の睡眠誘導効果のある音源や音楽が紹介されていて、どれもアルバムなら1500円程度で購入できる物ばかりをあつめていました。また系統別に分けられており、それぞれの解説もしっかりと書かれていますので、最近よく眠れないなぁと思う方には最適のエントリーです。今回はそのなかでも効果が高い、または眠くなるとレビューされていたものをピックアップして紹介したいと思います。

詳しくは以下

■Sleeping Through The Rain

Sleeping Through The Rain
シンセサイザー音楽に、デルタ波誘導のヘミシンク音を混ぜて30分間続く。出だしは雷など激しい音があるが、後半はなだらかになる。純粋に音楽として鑑賞するにはいまひとつ垢抜けていない。こんなもので眠れるのかと思うが、聞き終わるころに眠気がやってくることが多い。




Soft and Still [ヘミシンク]

sleepingmusic02.jpg
デルタ波誘導のホワイトノイズに加えて、やや間抜け感の漂う笛のような単純な音楽が含まれていて、奇妙なノスタルジーを誘う。キャットナッパーとローテーションで使っているが効果は高い。



睡眠は生きていく上で欠かせない物ですし、誰もが必要とする物だけにこういう音源は昔から有るみたいですね、一概にすべて効果が有るわけではなく、個人によって効果は相当開きがありそうです。参照元には「「iTunes Store」などの音楽配信サービスを使ってタイトルを検索し、試聴してから購入してもよいだろう。 」と書かれていましたが、そうした方が無難かもしれません。自分にあった物を見つけて、快適な睡眠を手に入れたいですね。上記の他にも参照元には沢山の音源が公開されています気になる方は是非どうぞ。

睡眠誘導効果のある音源や音楽。これで気持ちよく眠れる?

関連記事
DesignWorksのエントリー数が3000件を突破
映画「アフタースクール」を観に行ってきた。新感覚フィットネスゲーム「wiiFit」をプレイしてみた
ポラロイドフィルム復活を求める署名活動「ポラロイドフィルムForever」
サイバーバズ ブロガー調査委員会「ブログを書いて欲しいタレントNo.1は?」結果発表
現実世界とバーチャル世界を組み合わせたAR(現実拡張)の世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック