2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年07月24日

霧を使った巨大なスクリーン「Primal Sourc」

アメリカのサンタモニカで開催されている音楽と光の祭典 「glow 08」で出展された、光を写し出す巨大なスクリーン。実はこのスクリーン。噴霧されている霧に光を写し出しているとのことです。

primal.jpg

今の暑い季節にはピッタリそうな装置です。一体どんな風に動くのか写真ではあまり分かりませんが、実際動作している「Primal Sourc」の様子がVimeoで動画が公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

詳しくは以下


NOTCOT at GLOW: Usman Haque's Primal Source from Jean Aw on Vimeo.

通常のディスプレイのように高精細な映像が映るわけではありませんが、幻想的に光を見せてくれます。かなり巨大な装置みたいですが、舞台などには良さそうです。もっと詳しく見たい人は「Usman Haque’s Primal Source (NOTCOT)」に様々な角度からの写真が収められています。

どういうプロセスで開発されたのか、どんな仕組みで動いているのか、その辺りも気になるところです。実際に見るとまた印象が全く違いそうなので、日本で見ることができる機会があれば是非見に行ってみたいと思います。

Usman Haque’s Primal Source (NOTCOT)

関連記事
シンプルなフォルムが美しい ±0の電気ケトル
シャボン玉で街を豊かに彩ることができる「BLOOM」
ペダルを漕いで、空飛ぶ自転車「le vol du Zeppy」
Wii-○○を集めたデザイン集「Wii recherche」
切り取られた絵に収納する アンドデザインの「フレームハンガー」
posted by admin at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック