2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年08月06日

モリサワフォントでインタラクティブアート「FONT Park」

書体業界の大手モリサワが自社のフォントを使って絵を描いて遊べるFLASHコンテンツ「FONT park」を公開しています。これはフォントの形を活かして、組み合わせながら絵を描いていくと言うものです。

morisawafont.gif

リュウミンや新ゴなどお馴染みのモリサワの書体を使って、表示される文字の形を活かしながら、組み合わせて一つの絵を制作していけます。

詳しくは以下

morisawafont02.gif
制作投稿された、作品

文字は部分選択ができるようになっていて、点の部分だけとか、作りの部分だけとか文字の一部を選択したりとかなり自由度が高くなっています。作品のテーマは「使用する文字とコピーが持つ書体イメージのグラフィック作品であれば、自由」。制作したものは投稿することができます。ただし応募作品の著作権は二次利用含めてすべてモリサワとなるみたいでs、サイト上以外の掲載は不可と言う事です。

書体を使っているから仕方が無い所なのかもしれませんが、共有することができればおもしろかったし、広がるコンテンツだったかなと思います。それにしても素晴らしいFlashコンテンツです。ちなみに制作は中村勇吾氏。さすがというか凄すぎです。

» fontpark 2.0

関連記事
砂を降らせて世界を作るFlash「thisissand」
mixiからTwitterライクな期間限定の新機能「エコー」
貯金しながらロールプレイングゲームが楽しめる「バンククエスト」のデモサイト
ロゴをイメージしたポスターがズラリ コパトーンのキャンペーンサイト
ブログパーツも展開 人気海外TVシリーズ「ダメージ」キャンペーンサイトオープン
posted by admin at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック