2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年08月10日

北京オリンピックオープニングセレモニー写真集「2008 Olympics Opening Ceremony」


日本でも数々のメディアでトップニュースを飾り注目を集めている北京オリンピック。すでに競技がはじまり、様々な話題でにぎわせておりますが、中国標準時2008年8月8日午後8時に北京の北京国家体育場で行われた北京オリンピックのオープニングセレモニーの写真が公開されています。

beijinorinpic.jpg

wikipediaによれば、午後7時56分 (CST) に、電飾付きの『ほとぎ(缶)』と呼ばれる中国古代の打楽器2008台を用いたカウントダウンが開始。同8時に花火が打ち上げられ、少女による「歌唱祖国」独唱にあわせて中国構成各民族の衣装を着用した子供たちが中国国旗を掲揚台に運び、中国国歌演奏、中国国旗掲揚のあと、中国の歴史・発明を主要テーマとしたアトラクションが行われた。アトラクションの最後は、劉歓とサラ・ブライトマンのデュエットによる北京オリンピック公式テーマ曲「我和你(You and me)」の歌唱で締めくくられ、オリンピック入場行進へと進んだそうです。少しですが、セレモニーの模様がFlickrにて公開されていますので、下記にスライドショーを貼付けておきます。

詳しくは以下


Created with Admarket's flickrSLiDR.

解説付きの高画質版は「2008 Olympics Opening Ceremony」からどうぞ。その他にもFlickrにグループも立ち上がっていました「Olympics 2008 Beijing - Great Moments Captured!」世界的な祭典だけにすさまじい規模の日常とはまた違う風景を見る事ができます。

写真を見てもその壮大さと迫力に圧倒されます。実際の臨場感はものすごいものなんだろうなぁ。

2008 Olympics Opening Ceremony

関連記事
重厚な機械感が魅力的なラジカセ写真集「Boombox Project」
世界のおもしろ交通関係サイン「Hilarious Signage」
第一次世界大戦を風刺した地図アート集「Satirical World War One Maps」
10万本のつまようじでで再現された街「Rolling Through the Bay」
ある方向から見る事で完成する目の錯覚を利用したアートを生み出す「Georges Rousse」


posted by admin at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。