2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年08月10日

映画「百万円と苦虫女」を観てきました。

蒼井優さん主演最新映画「百万円と苦虫女」を観てきました。「さくらん」で脚本を務めたタナダユキさんが監督・脚本を手がけた最新作。ピンクバージョンとブルーバージョンの2種類のイラストをバックにしたメインビジュアルがとても印象的です。

百万円と苦虫女
(公式サイトTOP)

百万円が貯まると、新しい町へ・場所へ点々と生活の拠点を移していき、その新しい場所での主人公の姿と心の姿を描いた青春ロードムービー。独特の優しい雰囲気と、どこかグッとくるような感情をゆっくりと感じることができる素敵な作品となっていました。

詳細は以下

誰もが一度は感じたことがあるのではないかという心情を主人公の行動に映し出していて、次々と移り変わっていくシーンや心の変化をワクワクしながらストーリーを楽しむことができました。

主人公の蒼井優さんの雰囲気が映画ととてもマッチしており、また、他のキャストの方達も味のあるキャラクターを持っている人ばかりで映画の世界観をしっかりと感じさせてくれます。今回映画を観てみて、とても好きな作品の一つになりました。

まだ映画を観ていないという方がいましたら、是非映画館で鑑賞されることをお勧めします。

【「百万円と苦虫女」予告編】


映画『百万円と苦虫女』公式サイト

関連記事
押井守監督映画「スカイ・クロラ」を観てきました
寝苦しい夜もコレで安心!?「睡眠誘導効果のある音源や音楽」
DesignWorksのエントリー数が3000件を突破
映画「アフタースクール」を観に行ってきた。新感覚フィットネスゲーム「wiiFit」をプレイしてみた
ポラロイドフィルム復活を求める署名活動「ポラロイドフィルムForever」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。