2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年09月09日

ぬいぐるみを作るためのインタラクティブデザインツール「plushie」

小さい頃からそして大人になってもお世話になることもある「ぬいぐるみ」。自分でぬいぐるみをデザインしたいと言う方にオススメなのが今回紹介するデザインツール「plushie」です。

intaractive01.jpg

これは手書きのスケッチを描くようにモデリングができ、ぬいぐるみの形状をインタラクティブにデザインしていくシステムです。生成は3次元空間で行われ、簡単にぬいぐるみのデザインをすることができます。

動画は以下から


YouTube - Plushie


シュミレーションとモデリングを同時に行うことで、物理的に実現可能な3次元モデルを作成することができるということで、ただのお絵描きではなくて、ぬいぐるみデザインツールとして実用的にも使えるみたいです。

絵などと違って立体的でなかなか素人には手がだしづらいですが、こういった物があれば少しは入り込めるのかも知れません。実際このシステムを使ったワークショップも行われているみたいで、「workshop」から実際制作した3Dモデルから生成したぬいぐるみをやその様子を見ることができます。オリジナルのぬいぐるみを作りたいと思っている方は是非試してみてください。

Plushie:An Interactive Design System for Plush Toys

関連記事
ライフストリーミングCMSベータ版リリース「Sweetcron」
顔写真を簡単に修正できる「Digital Face Beatification」
登場する物や人をドロップ&ドラッグで操作するビデオプレイヤー「DimP」
パソコン上でティッシュが情報を運ぶ「nepiaデジタルティッシュ」
400台の以上の監視カメラの映像を配信するスクリーンセーバー「A Surveillance ScreenSaver」
写真やテキストを簡単にスクラップできるソフト「Ript」
posted by admin at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | tool
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106272206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック