2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年09月20日

スツールを使ったインスタレーションアート「Be Honest! 次世代へのタイムレス・デザイン artek & marimekko」展

生活の中でも良く見かけるスツール。そんなスツールの中でも20世紀を代表するフィンランドの建築家アルヴァ・アアルトの名作「Stool 60」を用いて様々な表現を見せる展覧会「Be Honest! 次世代へのタイムレス・デザイン artek & marimekko」展が2008年09月23日まで、東京都港区南青山のスパイラルにて開催されています。

artstool60-01.jpg

上記の写真のように大胆にスツールを使ったインスタレーションアートから、参加クリエイターによるオリジナルのStool 60が公開されます。いくつかイベントの様子が公開されていましたので下記に貼り付けておきます。

詳しくは以下

artstool60-02.jpg
内部からの光景



artstool60-03-0.jpg
designd by groovisions



artstool60-03.jpg
designd by akira minagawa


伝統的で身近なモチーフつかって、新たなデザイン、アートに挑戦というのが面白いですね。参加アーティストは坂茂、トム・ディクソン、グルーヴィジョンズ、アルヴァ・グリクセン、ハッリ・コスキネン、真喜志奈美、皆川明、モノクル、中村哲也、武松幸治、カティヤ・トゥキアイネンと国内外で活躍するクリエイターが参加しています。


「Be Honest! −次世代へのタイムレス・デザイン−artek & marimekko」展

会場: スパイラル
スケジュール: 2008年09月09日 〜 2008年09月23日
住所: 〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
電話: 03-3498-1171


via 'be honest!' by artek and marimekko at spiral garden, tokyo (update)

関連記事
マンガやアニメを題材にしたTシャツに特化した「MANGART BEAMS T」
会場を真っ白に埋め尽くす「白い器展 」が開催
ジャパンデザインを楽しむアートイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」
戦後復興から四半世紀の広告を取り上げた「広告青春時代−昭和の広告展2」
時間の使いやすさをテーマにした展示会「時間展」が開催
ひとつぼ展グランプリアーティストのグラフィックアート展「古谷萌展 ROUTINE」
posted by admin at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック