2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年09月29日

成功した10のリデザイン-ロゴの場合「10 successful logo redesigns」

ロゴというのは企業や団体を表すために非常に重要な役割を果たします。それだけにデザインする時も慎重、議論を重ねて作りあげられていくモノだと思いますが、時代の流れや会社自体の変化などで必ずし十分に議論を重ねた結果作られたものだとしても使い続けることが良いとは言えない場合があります。しかし重要なものだけにある意味作るよりも変える方が難しい…。

toys-r-us-logo.gif
Toys R Us

そこで今日紹介する「10 successful logo redesigns」はロゴデザインをリデザインして成功した事例を集めたエントリーです。全部で10個のリデザインの事例が紹介されていますが、今日はその中から特に気になったものをいくつか紹介したいと思います。

詳しくは以下


■Science Channel

science-channel-logo.gif

科学的なイメージではなく、元素記号の周期表からのデザインに変更したそうです。直接的な部分は失われましたが、洗練されたイメージになりました。




■Dolby

dolby-logo.gif

大きくデザインは変わっていませんが、小さな所でもしっかりと視認できるように、枠やスペースなどを取り除いたそうです。用途をふまえてリデザインされた例。




■Delta

delta-logo.gif

色のバランスを整え、よりシンプルに。書体も読みやすく、深くなった色のバランスも良いですね。


もちろん何をもって成功とするのかは難しいところですので上記の解説が必ずしも正しいわけではありませんが、個人的には紹介されていてた事例に共通して当てはまるのは、本来のイメージを損なわずに見やすく、シンプルにしている所かなと思いました。ロゴのリデザイン、デザインの中でもとても難しい仕事だと思います。もし自分で請け負う機会があったらこちらも参考に考えてみたいと思います。

10 successful logo redesigns | Logo Design Love

関連記事
口をつければ何でも人の顔に!写真プロジェクト「Smile」
ドミノを組み上げてドミノ倒しする、新感覚ドミノ「Dominoes Made Of」
糸とピンで描かれた鉄塔と送電線「debbie smyth at tent london」
28万枚のポストイットを使った映像作品「EepyBird's Sticky Note experiment」
世界中のオリガミ作品を集めたFlickrプール「Foldingfreaks Origami」
posted by admin at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107314083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック