2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年10月21日

アップル、Microsoftに新CMで反撃開始。

比較広告で日本でも有名になったアップル。最近では、Microsoftも対抗して、大々的な広告キャンペーンを行っていますが、今回Appleが打ち出したのは、Microsoftのマーケティングを意識した物です。

maccmpalody.jpg
Bean Counter

全部で2本のCMが公開されていて、すでにYouTubeに公開されていますので、動画をふまえながら紹介したいと思います。

詳しくは以下

Apple Mac Advert - Bean Counter



Apple Mac Advert - Bean Counterでは、PC役の人が、札束を広告費とバグ修正費に振り分けるというものです。明らかに金額が違います…。もう一本のCMはvistaの変わりにWindowsと言う単語を使い始めるように、vistaと言う音声が電子音で消されるという物、これは「放送禁止用語をリアルタイムで消す技術、MSが特許取得」を意識しているのでしょうか?偶然でしょうか!?CMは以下からご覧ください。

YouTube - Apple Get A Mac Ad - V Word



大げさですが、事実に基づいているだけ笑える、楽しめるCMになっていると思います。やっぱりユーモアはMacの方があるなぁと思わされてしまいます。windows7も開発が発表されていますし、このままVistaはあまりよろしくない印象で終わるのか!?これを受けて次回、Microsoftがどう言った広告戦略を展開するかが非常に楽しみです。

via CNET Japan

関連記事
路上生活者の問題を訴求する広告「Too many people eat on the streets」
SONY bravia新CM - 街に色が広がる繋がる街を舞台にしたカラフルドミノ「domino city.」
ヒートテックは本当にあたたかいのか?世界同時実証キャンペーン「UNIQLO TRY」
炸裂する屋外広告「Strawberry Burst 」
UNIQLO 新プロモーション「UNIQLO MARCH」 ティザー
posted by admin at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック