2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年10月29日

本を思わせる 製本技術を生かした「Classimo」のA4製本BOX

こまごました小物を整理するのにとても便利な小物入れ。さまざまなタイプの物が展開され、使い方もさまざまだと思いますのが、今回は一見小物入れではなく、本を思わせるビジュアルを持った収納BOX「Classimo」を紹介したいと思います。

Classimo

「Classimo」は、ライフスタイルにこだわりを持つ人を対象にしたワンランク上の文具シリーズとのこと。情報整理をサポートする製品やサービスを提供している企業「ナカバヤシ 株式会社」が開発した製品で、製本技術を生かして作られているそうです。

詳細は以下

表紙が布地だったり、留め具がリボンだったりと、細かい部分まで本をイメージさせるこだわりが特徴。中には小物を入れる箱がついており、中に小物などを入れて収納しておくことができます。

本と一緒に本棚に入れても違和感なく収納できそうですし、とてもすっきりと片付けられそう。デザインもシンプルなのでインテリアを選ばず使う事ができますし、小物が増えがちなデスクの上や、大切な物を収納して置くのにおおいに活躍しそうですね。

ナカバヤシ、製本技術を生かした手作りの小物収納BOX | 日経デザイン

関連記事
日本の季節や風景を詰め込んだデザインクラッカー
メッセージをオリガミにして渡せる付箋「Origami Sticky Notes」
数字を破壊しながら計算するカリキュレーター「crush」
マグカップのような取っ手のついたブックカバー「bookcup」
キーボードの隙間を一瞬でキレイにするお掃除グッズ「Cyber Clean」
posted by admin at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック