2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年11月17日

おすすめのデザイン本「DTPWORLD No.126」

毎回、注目のデザイン書籍や写真集、
おすすめの本を紹介します。


今回は「DTPWORLD No.126
機能性? 軽快感?InDesign or QuarkXPress 私向きのレイアウトソフトはどっち?」。

DTPWORLD

雑誌やページ物の制作には欠かせないソフト「InDesign」と「QuarkXPress」。それぞれのレイアウトソフトを比較し、その特徴や選び方などを徹底検証した、これからのDTP制作に欠かせない情報が満載の特集号です。

詳細は以下

現在、「InDesign」「QuarkXPress」、DTP制作の現場では欠かせないソフトではないでしょうか?イラストレーターでの制作では手間となってしまう作業工程を大幅に削減し作業の効率化などを図るのに、とても便利なそれぞれのソフト。良く似た印象を持たれがちですが、双方の機能性の違いを、今回の特集ではしっかりと紹介してます。

DTPWORLD

この特集を読む事で、どちらのソフトが今の自分に適しているのか?を探ることができるのではないでしょうか?現在実際に使っている人も、これから使ってみたいという人も、必見の特集号だと思います。ちなみに管理人は現在、「InDesign」を使用していますが、まだまだ使いこなせていないので、是非参考にしたいと思っています。

DTPWORLD

その他、文字組み基本や、書体の魅力やデザイン性について探る特集「書体探訪 Vol.5」(good design company・水野 学さんインタビューなど)、そして恒例の連載企画などを掲載。DTPWORLDは下記公式サイト、またはAmazonにて購入可能です。

DTPWORLD 2008年12月号 No.126 ―株式会社ワークスコーポレーション



関連記事
おすすめの広告・デザイン本「何故あの会社はTV型サイトにするのか?」
おすすめのデザイン本「DESIGN=SOCIAL」
おすすめのデザイン本「コピー年鑑2008」
おすすめのデザイン本「イラストレーションブックプロ02」
おすすめのデザイン本「フリーで好きな仕事がしたい クリエイターのための独立ガイド」
おすすめのデザイン本「WEBプロ年鑑’09」
posted by admin at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Designer'sBooks
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック