2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年11月29日

新しい楽譜の形「hoagy houghton: aleatory compositions.」

楽譜といわれれば普通、五線で描かれた物を想像しますが、今回紹介するのは今までに無い全く新しい形の楽譜「hoagy houghton: aleatory compositions.」

piano5sen01.jpg

それは今までの概念を覆すもので、グラフィックスで描かれた楽譜です。色が鍵盤についていることから想像できるかと思いますが、各音階を色で区分けして、その色でグラフィックを表現すると言うものです。

詳しくは以下

piano5sen02.jpg

色で表現されているので、どうしても細かい部分は表現しきれないかと思いますが、既存のアイデアを覆す素晴らしいアイデアだと思います。色で表現すると言うアイデアは楽譜以外にも他にも使えそうな気がします。

普通に音楽に慣れていても熟練するまでかなり難しそうですが、もしコチラで最初から覚えてしまえば、意外とこちらの方が普通の五線譜よりも使いやすかったりするのかも知れませんね。こどもの音楽教育なんかはむしろこちらの方が感性を刺激するかも知れません。

hoagy houghton: aleatory compositions. « shape + colour

関連記事
20万冊以上のコミックのカバーを閲覧できる「COVER BROWSER」
感情と色の関係性を探る「emotionally}vague」
素晴らしく壮大な景色を写し出す航空写真家「Jason Hawkes 」
ニワトリの戦いが完成させるアート「Running with the Beast」
傘を組み合わせて作るアート「Abri N°177」
鉛筆を楽器にする「Drawdio Kit」
posted by admin at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック