2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年12月04日

目的に応じて収納幅を変えられる本棚「REK:bookcase」

家具を買う時に悩みどころなのが、大きさ。普通家具は伸縮自在ではないし、完全に固定になっている場合が多く、棚の位置などは変化を付けられるところがあっても、収納容量自体はなかなか変化が付けられないものです。

rekbook01.jpg
最大の収納パターン。

将来もっと使うかも知れないし、もっと減ってしまうかも知れない…。と購入の際悩んだという方も多いはず。今日紹介する「REK:bookcase」はそんな悩みを吹き飛ばしてくれる画期的な本棚です。

詳しくは以下

rekbook02.jpg
最小の収納パターン

物が多くなりそうと悩んでいる方や、将来的には増えるかもと思っている方には、良い商品だと思います。仕組みも単純で素晴らしいアイデア商品だと思います。対比させる物がないので正確な大きさは分かりませんが、最大時はかなりの本を収納することができそうです。

まだコンセプトモデルなのか気になるお値段は明記されておらず、連絡先だけが書かれていましたので、本当に気になった方は連絡してみてください。

Designstudio - Reinier de Jong

関連記事
ワイングラスが照明になる「ideaco Whose leg?」
オリジナルモレスキンを買える!作れる!「Moleskin Journal」
音の波形を表現できるミシン「Visible Sound」
ハート柄のラインが特徴のテープのり「ドットライナーキュート」がコクヨより誕生
ビールかけの気分を楽しむことができる「ビールかけ全身シャンプー」
紙のパイプを切って、繋げて作るロボット「パイプロイド」
posted by admin at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック