2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年12月11日

モバイルでしかできない表現。コンテンツを求めて「モバイル表現研究所」

もはや一人一台、二台となったモバイル端末。電通とTVCM、映画、アニメーション、CG、ゲーム、Web、の企画制作を行っているクリエイティブ・プロダクションロボットが共同で、モバイルでしかできない表現。コンテンツを研究する「モバイル表現研究所」を開設しました。

mobailkennkyuu01.jpg

確かに、モバイルでも見られるというコンテンツは多々あるものの、「モバイルで見たほうが圧倒的に面白い」というコンテンツは考えてみるなかなかありません。12月1日設立とのことですが、現在までにコラボレーション企画、コンテンツが公開されていますので紹介したいと思います。

詳しくは以下

ペア・ムービー
携帯を二台並べて、組み合わせて見るペアムービー。なかなか言葉では伝わりに苦かと思いますので、下記にペアムービーのプロモーションムービーが公開されていましたので、貼り付けておきます。



またこのペアムービーで展開するドラマ、DOR@MO!が公開されています。これは着うた配信の大ヒット楽曲をテーマに恋いに悩む女の子の心のゆらぎをリアルに表現したドラマとのことです。現在5話まで配信されていて、配信期間は2008年12月1日〜2009年2月15日までとなっています。

携帯を二台並べてというのは新しい発想ですし、視覚的にも色々な演出ができそうです。まだまだ始まったばかりの研究所なので、今後どんな面白い表現、仕掛を生み出していってくれるのか期待したいところです。

MOBILE ART LAB. ― モバイル表現研究所 ―

関連記事
1000冊の本で作られた世界「This Is Where We Live by Apt Studio」
プラスチックスプーン&フォークで作るアート「Plastic Garden 」
タクシー写真集「Taxi' a personal series」
お金とお札で作るアート「JUSTINE SMITH」
スーパーマリオの1-1を再現した「Super Mario Stage 1-1 Room」
Creative クリエイティブ web インターネット 壁紙
posted by admin at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック