2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年12月30日

誰もいないロンドンを写した「Abandoned London」

今年もかなりまえから盛り上がり、あっという間に過ぎ去りもうすっかり年末気分に覆いかぶされたクリスマス。今回紹介する「Abandoned London」はそんな今年のクリスマスをちょっと違った視点で描いた写真作品です。

lost1225.jpg
Carnaby Street

写真は今年のクリスマスの朝に撮影したそうです。前日のクリスマスイブの為か、全く人気がないロンドンの街が写し出されています。Flickrにて写真が公開されていましたので、下記にスライドショーを貼付けておきます。

詳しくは以下


Created with Admarket's flickrSLiDR.

写真は全部で68枚公開されています。普段のロンドンの街の賑わいが分からないのですが、ほとんど人がおらず、静まり返った感じが伝わってきます。まだ撤去されていないクリスマスの装飾とのギャップがまた寂しさを表しているようです。

今回の撮影の舞台はロンドンでしたが、東京とかで普段人が集まる場所が上記のように人気がない瞬間を撮影してみても面白いかも知れません。

IanVisits » Abandoned London

関連記事
ネオンの魅力を閉じ込めた写真集「Neon Geneva」
ギークな要素を取り入れたグラフィティ10選「10 Geekiest Graffiti」
アナログでテトリスを表現した「Analogical Tetris」
牛乳パック型のパッケージが個性的な フランフラン2009年福袋
iphoneアプリアイコンアート「10,000+」
posted by admin at 11:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
東京に関して、同じ様な試みはカメラマンの中野正貴氏の作品群で「Tokyo Nobody」という写真集にもなっていますね。
また、ロンドンを始めヨーロッパ圏(正しくはキリスト教圏)ではイブはあくまでキリストの聖誕祭です。
イブの乱痴気騒ぎは日本独特と言っても良いと思います。
文中で触れられております、クリスマス当日はまさにお祭りが絶好調に盛り上がる日です。
(明けて26日もショッピングデーとして盛り上がります)
ですので、飾り付けを外してしまうなんて元旦に松飾りを片付ける様な事をする筈ありません。
Posted by ロンドン住まい at 2008年12月30日 23:42
ロンドン住まい様>

コメントありがとうございます。
管理人が無知すぎました…。

ご指導ありがとうございました。
また情報もありがとうございます。
「Tokyo Nobody」今度チェックしてみます。
Posted by 管理人 at 2009年01月31日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック