2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年01月13日

コマの軌跡を使って描くアート「Drawing Tops」

昔ながらの遊び独楽。お正月のイメージが強く日本独自のイメージが強いですが、世界各地みられる遊びで様々な独楽が存在しますが、今日紹介するの「Drawing Tops」は独楽を使って絵が描けるというものです。

drawing_tops_1.jpg

仕組みは至って簡単で、独楽の軸になる部分がボールペンになっていて、それを紙の上で回し、その軌跡を可視可するといもの。実際のコマを使って描いている動画がVimeoにて公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から


Thomas Forsyth - Drawing Tops from Thomas Forsyth on Vimeo.

ボールペンを差し込むだけというシンプルな構造名為、ペンの部分は自由に変えることができるようになっているみたなので、色を変えたり、様々な太さのものを重ねたりと色々な表現ができそうです。実際回してみるまで分からないというランダム感も良いですね。


drawing_tops_2.jpg
何回も重ねられて描かれた作品。


アイデア次第でどんなものも表現の道具になるという良い例だと思います。あの動き面白いとか、特徴のあるものというのは意外と応用してみると良い結果を生み出してくれるモノなのかも知れません。

Drawing Tops – today and tomorrow

関連記事
紙の可能性を改めて考える「All Things Paper」
AR(拡張現実)な年賀状「HAPPY NEW YEAR '09」
毎日の服装を記録するプロジェクト「My Year in Outfits」
ビビットの色使いで描く鍵とチェーン「Locks and Chains 」
ブラウザのシェア争いを一枚にまとめた「THE BROWSER WARS」
posted by admin at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック