2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年01月13日

まわりの世界と体の関わりを楽しみながら学べる「感覚アスレチックワークショップ」開催

私達が毎日続けている生活の中には、自転車に乗る・パソコンを使うなど、習慣化している行動も多数存在していると思います。今回紹介するのは、そんな習慣化している行動の見えない仕組みについて、楽しみながら学ぶことができるイベント「感覚アスレチックワークショップ」を紹介したいと思います。

山口
(配布DMより)

以前当ブログでも紹介した「湯田温泉の街をアートで彩る パプリックアートプロジェクト「YUDA ART PROJECT」開催」を開催した山口県のアートスポットにて開催されるイベントで、ゲーム感覚で楽しむことができる内容となっているようです。

詳しくは以下

ゴムひもや布を使用し、参加者自身がからだを動かしながら普段気づくことのなかった感覚を味わうことができ、そこから習慣化する行動の仕組みが見えてくるのだそう。

管理人も毎日パソコンに向かってキーボードを叩くことが習慣化していますので、そのしくみがどんなものなのか、とても興味がありますね。気になる方は是非一度参加してみては?

YCAM 山口情報芸術センター/エデュケーション

【開催概要】
開催日:2009年1月17日(土)、1月18(日)
開催時間:13:30-17:00
山口情報芸術センター
〒753-0075 山口市中園町7-7

関連記事
陶作家・木の作家による3人展「うつわ U-tsu-wa」開催
星やハート型に包まれる 建築ユニットKEIKO + MANABUによるアート展「Heart of Shapes」
自然界を風景画として描き出した タナカカツキ「炎の画家タナカカツキの生涯〜わだはガッポになる」
世田谷の街に存在する書体を紹介する企画展 「世田谷でみかけた書体」展開催
生命(いのち)をテーマとしたドローイング展 坂知夏展「ゾウを食べるには一日一口ずつ」
posted by admin at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック