2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年02月17日

撮影したフォントを検索できるiphoneアプリ「WhatTheFont」

かなり街中でも見かけるようになったiphone。本体の機能だけでなく、様々なアプリケーションも魅力的です。今日紹介するのはiphoneアプリの一つ「WhatTheFont」です。

whatthefont_for_iphone-1.jpg

このアプリケーションはカメラで欧文を撮影するとそのフォントの輪郭を判別して、どんなフォントなのかの候補を表示してくれるというものです。

詳しくは以下

「WhatTheFont」自体は無料で配布されており「Download it for free from the App Store」からダウンロード可能です。実際使ってみての紹介ではないので、どのくらい精度があるかは分かりませんが、かなり楽しそうなアプリケーションです。特に普段デザインやクリエイティブに携わっていて、フォントに気を遣っている方ならなおさらではないでしょうか?雑誌とか看板とか色々な気になるフォントを把握することができそうです。

現在は欧文のみ判別可能と言うことですが、日本語も判別できたらさらに楽しいのになと思いますが、技術的に難しいのかな?日本語フォントも幅広く対応してくれたら有料でも喜んでダウンロードすると思います。

WhatTheFont for the iPhone! YAY!!

関連記事
オリジナルの方眼紙を制作できるフリーソフト「GridOmatic」
日々のブラウジングを効率化してくれるブラウザ拡張ツール「popin」
ポラロイドよ永遠に!画像からポラロイド写真を作るフリーソフト「Poladroid 」
ぬいぐるみを作るためのインタラクティブデザインツール「plushie」
ライフストリーミングCMSベータ版リリース「Sweetcron」
posted by admin at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | tool
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114376952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック