2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年05月05日

AR(拡張現実)を使ったLEGOの店頭販促の試み

プロモーションやプロジェクトなど様々な話題で最近よくお伝えしているAR(拡張現実)ですが、今回は店頭販促の試みを紹介したいと思います。ワシントンにあるLEGOストアではパッケージにARを用い店頭に設置してあるカメラにパッケージを移すとパッケージ内の組み上がった完成系が浮かびがあがるというものです。

lego21.jpg

今まで紹介してきたARプロジェクトとは少し違いより商品の販売促進に直結するようなARの使い方だと思います。

詳しくは以下

これはかなり子供心に響きそうですし、買ってみてがっかりという事も防げそうです。また期待感やワクワク感もパッケージで見る比ではないかなと思います。実際このLEGOストアの店頭での試みがどの程度販売促進に寄与したのかが非常に気になるところです。LEGOのような商品にはまさにうってつけなPR方法だと思います。

これからは試着のように試しARなんてものも中が見えないパッケージものは設置されたりするかもしれませんね。

Our Lego Store Goes High-Tech

関連記事
Audiの精巧さを示したCM「Audi 'TDI Technology' Commercial」
車50台積み組み上げて作るバス「50 Cars = 1 Bus」
地球温暖化による変化を伝える動画「GreenTube」
移り行く消費者の動向をまとめた「Marketing In A Post-Consumer Era」
第七回 東京インタラクティブ・アド・アワード受賞作品発表
posted by admin at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

AR(拡張現実)の使い方
Excerpt: AR(拡張現実)を使ったLEGOの店頭販促の試み   今年の正月ぐら...
Weblog: interactiveに行こう!!
Tracked: 2009-05-07 16:15


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。