2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年05月15日

キレイすぎてけして見る事ができないガラスを用いたゲリラキャンペーン「Glass So Clean It's Invisible」

国内外とわず様々なアイデアを用いたゲリラ街頭キャンペーンが行なわれていますが、今回紹介するのはシカゴのミシガン・アベニュー で行なわれた綺麗すぎてけして見る事ができないガラスを用いたゲリラキャンペーン「Glass So Clean It's Invisible」です。

windexgerira.jpg

こちらのキャンペーンはWindexという住宅洗剤をPRするもので、二人の男がガラスをキレイに磨かれたガラスを運び待ち行く人達にそのキレイさと見せるというもの。実際のキャンペーンの模様の動画がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下



なんだろうと傍観する人達、実際乗っかってガラスを拭いてみる人達、リアクションはひとそれぞれですが、かなり注目を集めていますね。

動画を見ていて気がついた方も多いかと思いますが、パントマイム的に見せていて、全く見えないのではなくてガラスは存在しません。この商材にピッタリなそれでいて面白くコストもかからない、アイデア溢れる素晴らしい広告キャンペーンだと思います。同社この見えなくなるくらいキレイというネタが好きみたいで過去にも下記のような動画を発表していたようです。



関連記事
向けた武器は自分に返ってくる反戦公共ポスター「What Goes Around Comes Around」
太陽の光に反応する日焼け止めの広告「 Sundown Solar Protection」
収納力をホントに見せる屋外広告「Mercedes Sprinter "True Greatness"」
オフィスで繰り広げられるドミノ倒し「Dominoes Everywhere 」
Intel、ブランドにスポットを当てた新プロモーション「Sponsor of Tomorrow」
posted by admin at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック