2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年05月27日

言葉を2択で選んでいくシンプルな実験「Pick One」

コミニケーションをとる上で世界各国違いはある物の手段としては共通の言語。その言葉をつかった面白い実験が今回紹介する「Pick One」です。アクセスすると下記のような白と黒のツートーンの画面に単語だけが表示されます。

pickone.jpg

その後は特に何の説明も無く、言葉を選んでいくと言うもの、選ぶとまた次の2択がはじまり、延々と繰り返されます。言葉の出現には特に意味も無くランダムで表示されているみたいです。ルールなども明記されていないため、どう選ぶかは自由です。

詳しくは以下

作者のWEBには「選択する事でうまくいけばあなたの優先順位を認識する助けになるでしょう」と書かれていました。確かに繰り返し行なわれる2択での統計をとればどの言葉が自分にとって大切かどうかわかるかもしれませんね。その他にも言葉が持つ力、言葉が表層心理に与える影響力の片鱗を見る事ができるんではないかなと思います。

ちなみに現在までに選ばれた言葉のTOP10「The Top Ten.」と逆にワースト10「The Bottom Ten.」が公開されています。結果は何となくわかるような気がします。同じ英語圏で国ごとで分類してみれたりするともっとおもしろいかもしれません。

Pick One.

関連記事
はてなの有料オプション新サービス「はてなプラス」
自分のカワイイを磨く 花王エッセンシャルスペシャルコンテンツ「"カワイイ"塾 夏期講習2009」
リアルな演出が印象的な ヤンセンファーマ株式会社「しつこい爪水虫緊急サイト」
ハイボールの楽しみ方が分かる サントリーウイスキー角プロモーションサイト
あの映画の主人公になれる「NARIKIRI DVD PACKAGE GENERATOR ナリキル?」
posted by admin at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック