2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年06月01日

酒・たばこ・コーヒー・お茶をテーマとした「イラストレーター170人が描く わたしの句読点」開催

仕事や日々の生活の中で、私達に「いっぷく」であったり「ひといき」といった、リラックスの一瞬を感じさせてくれる酒・たばこ・コーヒー・お茶。人によっては全てだったりどれか一つだったりとさまざまだと思いますが、今回はそんな4つをテーマとしたイラスト作品展「イラストレーター170人が描く わたしの句読点」が開催されますので紹介したいと思います。

kutoten.jpg

この企画は、東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)と、たばこと塩の博物館の共催によるもので、170名のイラストレーターがそれぞれの観点で描き出す酒・たばこ・コーヒー・お茶をテーマとしたイラストレーションが展開されるようです。

詳しくは以下

イラストレーターそれぞれが考える酒・たばこ・コーヒー・お茶から受けたインスピレーションがどのようなイラストとなって展開されているのかが見所ですね。

意味を知ることで「なるほど。」と思わせてくれる「わたしの句読点」という個性的な展示会タイトルも、とても印象的。和田誠氏の広告の名コピー「たばこは生活の句読点」をヒントとして考えられたのだそうです。

日々の一服の瞬間を酒・たばこ・コーヒー・お茶で感じている方は、イラストレーションの中に自分と重なる新しい世界を感じることができるかもしれませんね。

イラストレーター170人が描く「わたしの句読点」
Tokyo Illustrators Society

関連記事
佐野研二郎デザイン展「BATH ART&NICO&CGB Presentation!」
1969年の東京カルチャーを振り返る「TOKYO1969」開催
オフセット印刷の可能性に挑む「GRAPHIC TRIAL 2009」
オリジナルエコバッグイベント「eco by Laforet」が今年も開催


posted by admin at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。