2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年06月04日

キノコの栽培ができる木のスツール「Mushrooms Ate My Furniture」

日本でも多くの料理で使われていて、いたるところで見かけるキノコ。今日紹介するのはそんなキノコを育てる事ができる木製のスツール「Mushrooms Ate My Furniture」です。

shinwei-rhoda-yen_01.jpg

表面は座りやすいようにキレイに加工されているのですが、その裏側上記のようになっていて、キノコを栽培できるようになっています。

詳しくは以下

shinwei-rhoda-yen_02.jpg

シイタケ栽培サイトなんかを見ていると、かなり育てやすいみたいで日本ではシイタケを栽培できない所は無いと言うほどだそうなので、シイタケとかであれば室内の中でというのは少し難しいかもしれませんが、庭先とかであれば、もしかしたら本当に育てる事ができるかもしれません。

小売りなどは行なっていないみたいですが、このつくりであればDIYがものすごく好きな人なら作れてしまうのではないでしょうか?無理やり感は否めない所も多少はありますが、スツールで植物をそだてるとは今までに無いアイデアのスツールだと思います。

Shinwei Rhoda Yen | HDK - School for Design

関連記事
uni鉛筆50周年記念「ユニカラー240 リミテッドエディション」
スタンプ感覚で使える コクヨ「ドットライナースタンプ」発売
フォントを合わせて楽しむアートな神経衰弱
食パンそっくりなメモ帳「Sliced Bread//Notebook」
日本一怖いトイレットペーパー「ドロップ」
posted by admin at 20:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
素朴に疑問なんですが、腐った状態になった時に座ってこけたらまずいのでは。
(下手するとPL問題?

確かに無理矢理な感じですね。
もうちょっとバランスの取れた?作品にしないとなぁ。
Posted by にょっき at 2009年06月06日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック