2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年06月05日

吸えないストローで動脈硬化防止を訴える「Ministry of Health "Clogged straw"

食生活が豊かになってきた反面、それに伴う様々な病気があります。動脈硬化もその一つで、高いコレストロール値が原因で引き起こされます。今回紹介するのは高いコレストロールによる動脈硬化の防止を訴えるキャンンペーン「Ministry of Health "Clogged straw"」を紹介したいと思います。

StrawGuerillaAction.jpg

このプロモーションはファーストフード店やレストラン等で行なわれ、上記のようなストローを使って呼びかけているのですが、このストロー実は吸えないようにできています。

詳しくは以下

ストローを貰ったお客が、ストローを見ると、ストローの本体には「This is how your arteries end up with high cholesterol: clogged. Watch your diet. Health Ministrys(これはあなたのド脈が高いコレステロールで詰まると言う事です。食事に気をつけてください。)」とのコピーが…。実際に細い管がつまり、それによる不快感を覚えた後なのでこれは印象に残りますね。

体験と同時に見せるコピー。極小さなものですが、その効果は該当のポスターよりもかなり高いと思われます。

Ministry of Health "Clogged straw"

関連記事
321個の時計で作られたアフリカのエイズの現状を伝える「The Clocks in Paris
ビニール袋を削減を呼びかけるキャンペーン「Billion Bag Challenge」
紙袋の中にモデルルームが作れる「Index Livingmall "Model Room Bags"」
子どもの危機を訴える。「Australian Childhood Foundation: Invisible」
移動式ランドリー「Loads of Hope」
posted by admin at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック