2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年06月22日

電飾で描くアート「Everything is illuminated」

電球やLEDを使ってのアート作品は今までDesignworksでも多々紹介してきましたが、今回紹介する「Everything is illuminated」は電飾コードを繋げて一筆書きのように人物を描くアート作品です。
lauraprofilepic01.jpg

使われている電飾コードは特殊なものではなく、クリスマスツリーや家庭でのイルミネーションなどに使われる一般的なもののようです。

詳しくは以下

lauraprofilepic02.jpg

lauraprofilepic03.jpg


作り出された作品はどれも涙を流しているように見え、その涙の部分が発行するような形で形成されています。写真では味わえない、実際にその空間に行くと独特な空間が形成されそうなそんなアート作品です。一色の電球で形成されたものもあれば、色を使い分けた作品などもあり様々な作品が制作されています。作品は全て室内で作られていますが、屋外でも環境と合わせて面白い作品がつくれそうなアート作品だと思います。

制作しているのは「Laura Adel Johnson」と言うアーティストで彼女のその他の作品は「CHALK HORSE」から見る事ができます。

via Everything is illuminated with multimedia artist Laura Adel Johnson

関連記事
ステンシルで描かれた二人の悲しい愛「"To Die For" On The Streets Of Athens」
ステンシルで描かれた二人の悲しい愛「"To Die For" On The Streets Of Athens」
思い描いた未来はすぐそこに!?未来を描いた映画のタイムラインをまとめた「 Timeline Shows Current Time Relation To Futuristic Movies」
デジタル一眼で映す北京の今「Canon EOS5DmkII, One night in Beijing.」
服で作るキャラクター「Fashion Faces」
絆をテーマとした「2009年新聞広告クリエーティブコンテスト」開催
外国人から見た東京「TOKYO JAPAN」
posted by admin at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック