2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年07月18日

1970年〜80年代の広告を見る「広告跳躍時代」昭和の広告展[V]開催

1970年代・80年代の日本では経済の発展と共に広告の力が大きく影響を及ぼす、まさに時代をリードする存在となっていたのだそうです。そんな20年間の広告の歴史を紐解く企画展「広告跳躍時代」昭和の広告展[V]が アド・ミュージアム東京にて開催されますので紹介したいと思います。

7080.jpg

「広告跳躍時代」というタイトルの意味をしっかりと感じさせる広告の数々を、「VS」方式を用いて紹介するそうです。

詳しくは以下

VS」方式として、女性の生き方の変化を感じさせる「家庭VS自立」、パロディを用いた表現が印象的な「直球VS変化球」など、さまざまな対比によって広告を展示。対比することによって、時代背景をより強く感じることができそうですね。

その時代を生きた人にとっても、今の新しい時代に生まれた人にとっても大きな刺激を受けることができる企画展ではないでしょうか?

【開催概要】
開催期間:2008年7月29日(水)〜10月3日(土)
開催時間:平日/11時〜18時30分(最終入館時間 18時)
土曜・祝日/11時〜16時30分(最終入館時間 16時)
休館日/日曜日・月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は火曜日)
※ただし日曜日が祝日の場合は休館、他の祝日は開館
会場:アド・ミュージアム東京(入場無料)

特別企画 『広告跳躍時代』 昭和の広告展[V] −1970年代・80年代− | アド・ミュージアム東京

関連記事
建築家デザインのメガネが揃う「JIN's GLOBAL STANDARD×クリエイター」企画第1弾スタート
日本を見直そうプロジェクト「九州の温泉」手拭い展 開催
日本で最も歴史のある広告賞「第62回広告電通賞展」開催
ユニクロとジル・サンダーがコラボレーション「+J」09秋冬より始動
posted by admin at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック