2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年08月06日

触れるホログラムプロジェクター「Touchable Holography」

AR(拡張現実)のように現実空間に端末を通してみせるなく、立体映像を作り出すホログラムプロジェクター。映画やアニメでは良く見かけますが、今回紹介する「Touchable Holography」はそこから更に進んだ触れるホログラムプロジェクターです。

aholograph01.jpg

こちらは東京大学で開発されたもので、空中超音波触覚ディスプレイ 〜「さわれるホログラフィ」を実現する研究として進められているみたいです。その技術をまとめた動画がYouTubeにアップされていましたので下記に貼付けておきます。

詳しくは以下



こちらは以前「集束超音波で「見えない物体」の感触を実現「Airborne Ultrasound Tactile Display」」と言う記事で紹介した技術の発展型のようです。何も無い空間でどうして触覚がうまれるのか!?それは放射される空中超音波を収束させ、放射圧によって触感を生成させるという方法だそうです。

現在デジタルサイネージなどあらたなメディアが出てきていますが、このディスプレイシステムが市場にも安価で投入されてくると間違いなく、現在のメディアや広告も大きく影響を及ぼすと思います。

Touchable Holography

関連記事
長距離、複数認識可能な新しい形の光学バーコード「Bokode」
駐車場に建築されるソーラーパネルの森「 Solar Forest Charging System for Parking Lots」
美しい皆既日食の写真集「The longest solar eclipse of the century」
超精密機械のメイキングムービー「How They Make the F-35」
海をそのまま切り出したかのような沖縄美ら海水族館「黒潮の海」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。