2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年08月15日

食料自給率を分かりやすく示した動画作品「It’s Time for Real」

先日「食べ物の輸送距離を表示するレシートとパッケージ「Far Foods」 」と言う記事で、フードマイレージに関しての話題を取り上げましたが、それを引き上げているのが食料自給率の問題。日本では沢山の食材が年中手に入りますが、それは輸入に頼っているわけで、日本でも食料自給率は一つの問題として取り上げられています。今日紹介するのはそんな食料自給率の問題をテーマにした動画作品「It’s Time for Real」を紹介したいと思います。

foodfood.jpg

実際の動画がvimeoに紹介されていましたので下記に貼付けておきます。

動画は以下から

Hellmann’s - It’s Time for Real from CRUSH on Vimeo.



動画は食材を象徴的に使いながらグラフや具体的な数字が表示されるなど非常に分かりやすいものになっています。これなら子どもでも理解できそうです。

今回の動画はカナダの場合。カナダは食料自給率は先進国の中でTOPを誇りますが、そんなカナダでさえ現実を見てみると全てを補っているとはいえない状況になっています。日本でも農林水産省をはじめとして食料自給率にたいしての様々な動きがありますが、今の状況にすっかり慣れてしまった日本が変わっていくのは非常に難しい気がします。

It’s Time for Real

関連記事
もしゲームの世界のものを作る工場があったら「Made of Myth」
漢字から英語まで街で見かけるタイポグラフィ「words & typography 」
食べ物の輸送距離を表示するレシートとパッケージ「Far Foods」
ダンボールの中に広がる世界「Two Weeks - Grizzly Bear」
本当の最後の晩餐を撮影した「Last Suppers」


posted by admin at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。