2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年08月16日

ありえない場所に設置するテニスコートアート「Insular Playground」

日本でもポピュラーなスポーツの一つテニスコート。今日紹介するのはテニスコートの絵を書いたりテニスコートを模したなにかを作るのではなくて、テニスコート自体を使ったアートプロジェクト「Insular Playground」です。

tenisuex01.jpg

上記のように通常ではおそらくありえない場所にテニスコートを設置しするというユニークな手法をとっています。いくつか作品がこうかいされていましたので下記に紹介したいと思います。

詳しくは以下

tenisuex0.jpg


tenisuex02.jpg


テニスコートの大きさは23.774 ×10.973メートルとかなり大きいもので、ペイントなどではなく、合成芝を使って作られているそうでネットなどもはいちされているので危険だとは思いますが、実際プレイできる規模のものになっています。

写真よりも対峙したときにその本当の魅力を感じるのかとは思いますが、ありえない場所に実際の規模のものを施すと言う手法はかなりインパクトがありますね。こちらはアーティスト「Laurent PERBOS」によって制作されたもので、その他の作品については「Laurent PERBOS」から見る事ができます。興味のある方は是非どうぞ。

Laurent PERBOS

関連記事
影を利用したストリートアートを展開する「TR853 - 1」
食料自給率を分かりやすく示した動画作品「It’s Time for Real」
もしゲームの世界のものを作る工場があったら「Made of Myth」
漢字から英語まで街で見かけるタイポグラフィ「words & typography 」
食べ物の輸送距離を表示するレシートとパッケージ「Far Foods」
posted by admin at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック