2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年08月17日

「追悼 赤塚不二夫展〜ギャグで駆け抜けた72年〜」開催

「天才バカボン」「おそ松くん」など、日本を代表する数多くの名作を世に誕生させ、昨年8月に72歳で逝去した漫画家・赤塚不二夫氏の追悼企画展「追悼 赤塚不二夫展〜ギャグで駆け抜けた72年〜」が、松屋銀座にて開催されますので紹介したいと思います。

akatuaten.jpg

赤塚不二夫氏の作品展示はもちろん、赤塚不二夫氏のプライベートショットや、著名漫画家や芸能人が参加した豪華な企画などが楽しめる、赤塚不二夫氏の世界を堪能できるイベントとなりそうです。

詳しくは以下

会場では赤塚不二夫が中学時代に描いた処女作から初期作品、代表初期作品の原画や、デビュー前に手がけた作品、代表作品の紹介、キャラクタ−が100体登場するコーナーなどが展開されているそう。また、150名もの著名漫画家や芸能人が写真やイラストで参加した「シェー!オンパレード」など、ユニークな企画も展開されるそうです。こちらは公式サイトでも「今日のシェー!」として閲覧が可能となっています。
また、会場デザインは、生前親交が深かったというブックデザイナーの祖父江慎氏が手がけているそうです。

ファンにとってはもちろん、赤塚作品世代にはたまらないイベントではないでしょうか?

【開催概要】
開催日:2009年8月26日(水)〜9月7日(月)
開催時間:午前10時〜午後8時(入場は閉場の30分前まで、最終日午後5時閉場)
会場:松屋銀座8階大催場
入場料:一般1,000円、高大生700円(税込)、中学生以下無料

追悼 赤塚不二夫展〜ギャグで駆け抜けた72年〜

追悼 赤塚不二夫展 | MATSUYA 松屋 |

関連記事
60組のアーティスト手がける プロ野球セ・パ誕生60周年記念チャリティアートエキシビション「DIAMOND DREAMS」
2016年のオリンピックを東京への招致を応援する展覧会「2016 Exhibition」
「JAGDA会員365名による日めくりカレンダープロジェクト」公開 webサイトもスタート
「ROBOT ANIMATION WORKS『つみきのいえ』とアニメーションスタジオCAGEの世界」開催
ドラえもんアニメ30thアニバーサリー企画「ドラミちゃんアラモード」
posted by admin at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック