2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年08月29日

タイポグラフィを深く知る「Typedia」

世の中にはフリーから有料まで様々なフォントが公開されていますが普段から使っている書体がどんな経緯で作られたか皆さんはご存知でしょうか!?今日紹介するのはタイポグラフィについて深く知る事ができるWEBサイト「Typedia」を紹介したいと思います。

typepedia01.jpg

様々な書体の歴史や背景等がインデックスされており様々な情報を知る事ができます。

詳しくは以下

typepedia02.jpg

例えば、上記の少し柔らかめのゴシックで色々なアプリケーションの標準インストールフォントとしても使われている書体「Optima」。ドイツで開発されデザイナーは「Hermann Zapf」、1955年にリリースされた書体です。こういった基礎情報はもちろんの事、New South Walesの大学の公式書体として使われていたり、ベトナム戦没者の記念碑に使われていたりとそういったエピソードまで知る事ができます。

現在様々な書体が収録されており、書体名から検索できたり、最近追加されたものから見たりと様々な方法が用意されています。使っている書体が気になったと言う方は是非ご覧ください。

Typedia: A Shared Encyclopedia of Typefaces

関連記事
ユニクロ秋冬シーズン第1弾キャンペーンサイト「UNIQKO COLLECTION TOKYO 2009」
女性の為の トーキョー☆ブックマークスペシャルサイト「女を磨く、東京ミニマム・ステイ」
各国の1時間を1分にして届ける世界の日常「City One Minutes)」
ついにiphoneでAR(現実拡張)アプリがリリースAppstoreで販売開始。
posted by admin at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック