2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年09月03日

ブリストルの動物園で行なわれている人間の展示「Humans on Display at Bristol Zoo」

イギリスのブリストルにある地域密着の小規模な動物園Bristol Zooの中でユーモア溢れる試みが行なわれています。その試みとは動物園の中でも人間があつまるレストランの窓の外に、動物と同じような、生態や分布や特徴等の解説をつけて人間を動物園の動物のように見せる「Humans on Display at Bristol Zoo」といわれるものです。

humanhomosapi.jpg

上記が実際表示されている札、human Homo sapiensと書かれ、世界中に分布している地図が書かれています。実際の動物園の様子がYouTubeにアップされていましたので下記に貼付けておきます。

詳しくは以下



人間の特性は世界で最も反映している種、すべての大陸に存在する。思春期には夜行性になる。人間の多くは紙、金属、プラスチック製のもの(お金)と引き換えに個人に様々なものが供給される…省略抜粋して意訳すると上記のように書かれています。

道徳的にどうかと思う方も当然いるみたいですが、ユーモアとして今後も削除するつもりは無いと言う事です。少々複雑な気分にはなりそうですが、個人的にはユーモア溢れる非常に面白い企画だなと思います。

Humans on Display at Bristol Zoo

関連記事
街行く人とビートを重ねる「FreeBeats」
有名なロゴで歴史的な事件や文学作品等を表現するプロジェクト「logodrill」
数式と写真の出会い。数式写真プロジェクト「FOUND FUNCTIONS 」
傘+人間で生み出すパフォーマンス「Everything That Happens in the mind of Julie Tremblay」
無数に並べられた楽器演奏動画を再生して自由自在に音楽を作る「in Bb2.0」
posted by admin at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

動物園で人間を見る
Excerpt: 動物園で檻の中の動物を見ていると、ふと考えてしまうことがある。「僕らが檻の中の動物を見ているのか、檻の中の動物が僕らを見ているのか…」 そんな禅問答のような無為な思い付きとは違って、動物としての人間..
Weblog: 『ロマンチストで悪いか』by hiderino
Tracked: 2009-09-24 12:09