2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年09月12日

砂で表現された美術館「Augmented Sand Sculpture」

砂浜で砂を固めて削り出す砂の彫刻とも言えるサンドアート。世界の様々な所で行なわれていますが、今日紹介する「Augmented Sand Sculpture」は砂で美術館を表現しています。砂の造形物の上に光を当てる事で、立体的な表現を実現しています。実際の動画がYouTubeにアップされていましたのでまずは動画をご覧ください。



実際上記の動画だけ見ると砂で作られていると言う感じは全くしませんが、同じくYouTubeに砂を削って造形しているメイキングシーンの動画が公開されていましたので合わせて貼付けておきます。

詳しくは以下



この「Augmented Sand Sculpture」は2011年末に建設予定の美術館だそうで、それに先駆けて、制作された大規模なモデルだと言う事です。

砂の造形に光を当てると言う表現手法は初めてて見ましたが、素晴らしいですね。砂の質感に光が乗ることで本当に精巧なモデルに見えました。この手法は建築のモデル以外にも様々な分野のプロジェクトに行かせそうな技術だと思います。

today and tomorrow

関連記事
砂で表現された美術館「Augmented Sand Sculpture」
ペットボトルの圧縮ブロックできた祭壇「Temple of Trash !」
雨音をエンドレスに流す「Endless rain record」
街を光で繋ぐコミュニケーションアート「Drop the Tough」
ベッドルームのインスタレーション&インタラクティブアート「Disturb Me Installation」
食べ物のパッケージ写真と本物を比較する「Food In Real Life」
posted by admin at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック