2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年09月14日

現実世界で使えるカラーピッカー搭載のペン「color picker pen」

絵の具などを使って準備されている色以外を作り出すのはとても大変で、似たような色を作り出す事はできてもなかなか微妙な色合いを完成させるまでにはパレットの上で試行錯誤しなければなりません。今回紹介するのは微妙な色もまるでグラフィックソフトのようにカラーピッカーで再現できるペン「color picker pen」です。

cppen01.jpg

まだコンセプトモデルとの事ですが、デジタルの仕組みを現実世界でなんとか実現しようとしている非常に面白い発想です。

詳しくは以下

cppen02.jpg

詳細な仕組みは上記の図のとおり、ペンの後ろ側にRGBセンサーを配置し、そのセンサーと実際に搭載されたRGBのインクカードリッジを連動させてデータを元に混ぜ合わせ、カラーセンサーで拾ってきた色を再現すると言うものです。ペン先のタイプはボールペンタイプになっているようです。

実現できるのかどうか自分の知識では判断できかねますが、非常に面白そうなガジェットです。ちなみにアイデアを提案したのは韓国のデザイナー「Jinsu Park」。

color picker pen by jinsu park

関連記事
ガジェットのカラーカスタマイズビジネス「ColorWare」
時計+ピクトで時間で予定管理「Magnet Clock」
D-BROS 2010年間デザインカレンダーが今年も発売
AR(拡張現実)がある未来を描く「Augmented Reality Future by Nokia」
目と耳で時刻を知ることができる「GOOD EGG TALKING CLOCK」
posted by admin at 22:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
原理的にCMY(シアン・マゼンタ・イエロー)じゃないと
使えないと思います
あと薄い色の表現には透明や白のインクが必要になるんじゃないでしょうか?
でも非常にユニークなアイデアなので是非実現して欲しいです
Posted by polycube at 2009年09月16日 09:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック