2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年09月16日

建築物シアターエンターテイメント「Eye Candy: Video Mapped Projections 」

今までDesignworksでも何度かお伝えしてきた建築物を使った映像の投射。建築物の大きさと立体感を活かしたダイナミックな表現が魅力的ですが、そんな建築物を使っての映像パフォーマンスをエンターテイメントとして公開しているのが今回紹介する「Eye Candy: Video Mapped Projections 」です。

disdisdis.jpg

様々な演出が用意されており6分あまりの間に様々な実験的なコンテンツが展開されます。実際このプロジェクトの上映の様子を収録した動画gがYouTubeが公開されていますので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下



全編と押して音が入り、ダイナミックな表現により、リアリティと現実感を持たせてくれています。後半からは日本でもお馴染みのパックマンなどのゲームの動画などが再現されていました。

海外のブログ等のエントリーではたまに見かける建物にたいしての投射によるプロジェクト。日本ではまだ見た事がないですね。実際はどんな印象をうけるのか気になる所です。

Eye Candy: Video Mapped Projections

関連記事
RFIDを利用した無線ピタゴラスイッチ「Nearness」
ゲームで建築物ジャック「Need For Speed SHIFT - gaming in the city」
違う角度から見ると価値は変る「1+1=3」
メルボルンで展開される牛乳箱アート「Melbourne's Street Art Evolution: Crate Man」
格納型イベントスペース「SPACEBUSTER」


posted by admin at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

● 新しいエンターテインメントの可能性「Eye Candy: Video Mapped Projections 」
Excerpt: いつも素晴らしい作品を紹介されているDesignWorkさんで紹介されていた映像作品。 最近たまに見かけるようになった建物に映像を投射したパフ...
Weblog: various artists
Tracked: 2009-09-19 23:19


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。