2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年10月14日

海外から見たカタカナの印象「phonetikana」

日本語は海外の方に取ってどんな印象をうけられているのか、その片鱗を見る事ができるのが、今回紹介するカタカナフォント「phonetikana」です。

jb01-01.jpg

カタカナの言葉の響きをイメージして作り上げられたとの事です。言葉では上手く表せないないけれど、見ると何となく納得できる感じがします。こちらのフォントをつかって様々な作品が公開されていましたので下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

jb01-02.jpg

jb01-03.jpg

jb01-04.jpg


カタカナの一部が英語になっていて、カタカナが読めない海外の方でも音は掴めると言う仕組みになっています。一つのフォントに形と音を持たせた新しいタイプのフォントです。動物の鳴き声などは国に寄って違う表現と言うのは良く聞く所ですが、こうして文字自体に音を投影させて作るというのは新しくて面白いと思います。

このフォントやタイポグラフィはmichael johnson と彼が率いるデザインチーム「johnson banks」によって制作されたものだそうです。「johnson banks」ではこの他にも様々なクリエイティブなプロジェクトを行なっていますので、興味がある方はそちらもどうぞ。

johnson banks: phonetikana

関連記事
世界より公募の「SHIFT 2010カレンダー」のビジュアルが決定
卓球の新しい楽しみ方「Brodmann Blades」
±0新アロマ加湿器「Humidifier S」が発売
様々なgadgetが置くだけで充電できる「PowerMat」
朝の時間を有効に使う「Reading Tray」


posted by admin at 22:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
エロ・・・?
Posted by at 2009年10月17日 10:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。