2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年10月15日

インタラクティブなデジタルアニマル「SNIFF」

人間のパートナー的な存在のペット。ペットを飼っていると言う方も多いのではないでしょうか?今日紹介するのはペットの変わりになりうるかもしれないインタラクティブなデジタルアニマル「SNIFF」です。

sniff-le-chien-508x358-1.jpg

こちらはプロジェクターで映し出された犬が、人間の動きに反応して動き回るというものです。結構リアルに反応してくれます。実際の人間と遊んでいるシーンの動画がvimeoに公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

SNIFF time lapse from karolina sobecka on Vimeo.



映し出された犬の動きはカメラを使って、人間の位置情報や動きを取得し、それに併せてリアルタイムにレンダリングされるみたいです。動きも単純に近い遠いだけではなく、大きなアクションや高速な動きは危険と判定したり、低速なアクションはフレンドリーと判定したりとわりと複雑に反応しています。そのシステムの裏側を写した動画も併せてアップロードされていましたので、下記に貼付けておきます。

Sniff system from karolina sobecka on Vimeo.



本物の動物のようにふれあう事はできないけれど、なかなか面白い試みだと思います。ここまでリアルに反応してくれると、色々な分野で活用できそうな気がします。

Sniff, le chien interactif

関連記事
海外から見たカタカナの印象「phonetikana」
世界より公募の「SHIFT 2010カレンダー」のビジュアルが決定
卓球の新しい楽しみ方「Brodmann Blades」
±0新アロマ加湿器「Humidifier S」が発売
様々なgadgetが置くだけで充電できる「PowerMat」


posted by admin at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。