2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年11月07日

UNIQLO パリ旗艦店「パリ・オペラ店」オープン時に配られたお土産を頂きました。

グローバルな展開を見せ、常に新しい試みにチャレンジしているユニクロが10月1日新たな海外旗艦店「パリ・オペラ店」がオープンさせましたが、そのオープニングで配れたお土産を頂きました。

uniqloomiya01.jpg

海外でのユニクロのブランド価値を進める日本を代表する漫画家、水木しげる、赤塚不二夫、手塚治虫などのアニメの柄が入った風呂敷に包まれていて、包みを見ただけで期待させられるものでした。

詳しくは以下

uniqloomiya02.jpg
オリジナルの風呂敷にキチンの包まれていてちょっと開けるのがもったいない。


uniqloomiya03.jpg
包みを開けると、中には内祝とのしがつけられた木箱が。


uniqloomiya04.jpg
中身はマフラーとともに今後のユニクロについて、パリ旗艦店オープンにあたってのメッセージが同封されていました。


カタカナのロゴ、マンガの風呂敷、木箱、マフラーに置かれたカタカナのロゴなど随所に日本ブランド的なものがあり、海外の方からみると非常に新鮮なモノだと思います。単なるサンプリング的なものではなく、ユニクロのブランド価値を伝える、アプリケーションとしてしっかりと役割を果たしていて、こういったところを見てもさすがはユニクロと思えるものでした。

すでにいくつかの海外の拠点があるユニクロですが、今後どこまで世界で認知されていくのか非常に楽しみなところです。

このパリ旗艦店オープンにあたっての舞台裏がパリ グローバル旗艦店オープンの舞台裏 〜「考える人」2009年秋号〜」で公開されていましたので、気になる方はそちらもどうぞ。

関連記事
H.I.Sと恵文社一乗寺店のコラボレーションフリーペーパー「travesia」を読んでみました。
日産の電気自動車コンセプトカー「ランドグライダー」
綱引きを気軽に対戦できる「Rope In Space」
新型PS3購入。簡単レビュー
触れるホログラムプロジェクター「Touchable Holography」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132251120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック