2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年11月12日

公衆パーソナルベットルーム「Sleepbox」

忙しい毎日を送り時間が無い人でも交通関係や、相手側の都合など、やむにやまれぬ事情でどうしても空き時間がでてしまう場合もあるかと思います。そんな空き時間を有効にそして有意義にすごすためのサービスが今回紹介する公衆ベットルーム「Sleepbox」です。

sleepbox01.jpg

上記のように空港などに設置され、完全なパーソナルスペースを確保することができます。

詳しくは以下

sleepbox02.jpg

大きさは2mx1.4mx2.3mと人一人がぎりぎりなスペース。内装は上記のようになっており、細長いベットと空調、音響、液晶テレビ、WiFi接続、ラップトップやモバイル用のソケットなどが準備されているとのことです。

残念ながらまだ実用には至っていないそうで駅、空港、ショッピングセンター、または企業の仮眠スペースとしての提供する事を想定して作られているみたいです。公共の場での設置の場合はちょっとした時間をでも利用できるように15分単位でレンタルすることができるみたいです。非常に良いアイデアだと思います。

SLEEPBOX

関連記事
ルンバで作るリアルパックマン「Roomba Pac-Man」
大自然の中で繰り広げらえるポリゴンアート「AICP Southwest Sponsor Reel by Corgan Media Lab」
ある方向から見る事で完成するグラフィティアート「'Anamorphism' by Ninja182」
窓を家庭菜園に「Window Farms」
マジック一本で生み出すコーヒーカップアート「Art On Styrofoam Cups.」
posted by admin at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック