2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年11月20日

現実の立体物をWEBカメラでスキャンして3Dオブジェクトへ変換する「ProFORMA」

立体的な3DCGは至る所で作られていますが、精巧な物を作るには有る程度の技術が必要になります。今日紹介するのは現実世界の立体造形物をWEBカメラでスキャンして3Dオブジェクトへ変換すると言う画期的なシステム「ProFORMA」です。

proforma+scanning.jpg

実際制作した模型などをWEBカメラで写し、立体物の頂点をスキャンイングし、メッシュ化して、さらに表面のテクスチャなども取り込んでいくような仕組みになっていています。実際このシステムを使って、立体物を取り込んでいるデモ動画が公開されていますので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から



完全に建物だけをキレイにスキャングしています。その正確さは本当に現実世界の物がそのまま取り込まれたようなそんな感じにも思えます。

特別なPCは必要ではなくて、標準的なスペックとWEBカメラさえあれば実現ができるらしいです。こちらはまだ開発中ですが、数ヶ月中にデモ版を公開予定だそうです。非常に楽しみなシステムの一つです。

ProFORMA

関連記事
UNIQLO パリ旗艦店「パリ・オペラ店」オープン時に配られたお土産を頂きました。 H.I.Sと恵文社一乗寺店のコラボレーションフリーペーパー「travesia」を読んでみました。
日産の電気自動車コンセプトカー「ランドグライダー」
綱引きを気軽に対戦できる「Rope In Space」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック