2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年01月16日

どんな厳しい状況でもゲームをプレイする「Extreme Gaming with an Epson Projector」

最近はプロジェクターの価格も落ち着いてきて、様々なアートプロジェクトに利用されていますが、今日紹介するのはプロジェクターのPRのために行なわれた実験的なプロジェクト「Extreme Gaming with an Epson Projector」です。

extremegamer.jpg

こちらはどんな厳しい状況でもプロジェクターを使って、ゲームを続けると言うものです。街中のいたるところでゲームが展開されており、プロジェクターの可能性をPRしています。実際ゲームをプレイしている動画がYouTubeにて公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下



街中、クラブ、スカイダイビングの練習場、壁の壁面にしがみつきながらと、屋内外の様々な場所で、ゲームをプレイしています。一見するとプロジェクターとしてのプロモーションというよりはゲーム自体のプロモーションに見えなくもないですね。むしろゲームのPRにも十分使えそうなアイデアだと思います。

色々な意味でプロジェクターの可能性、面白さが伝わる面白いPR方法だと思います。

Extreme gamer

関連記事
ヒラメキはいつの時代もLEGOから「CL!CK: A LEGO Short Film」
新聞の可能性を表現した「The Sun TV Ad」
幸せになれる自動販売機コカコーラ「Happiness Machine」
持ち運び可能な飛び出すクローゼットLevi's 「Pop-Up closet」
建築×AR「Augmented Reality Architecture」
posted by admin at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック