2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年01月21日

「感じる箱展―grafの考えるグラフィックデザインの実験と検証―」

これまでにもさまざまなクリエイティブを手がけてきた「graf」、グラフィックからプロダクトデザインまで幅広く活動を続けていますが、今回はそんなgrafが開催しているイベント「感じる箱展―grafの考えるグラフィックデザインの実験と検証―」を紹介したいと思います。

hakoten.jpg

「感じる箱」というテーマの元、"箱"という存在をgraf独自の視点で捉え表現した作品の数々が展示されています。

詳しくは以下

hakoten02.jpg

箱をまるで人間であるかのように捉えその表情を切り取ったポートレート作品「箱のポートレート」や、一つの箱の中に絵本の世界が作られている「絵本の箱」、またgrafが10年以上にわたり手がけてきたという作品ライブラリー「graf のグラフィックワーク」など、ユニークかつ魅力的な内容を展開。

これまでのgrafの軌跡と共に、"箱"を独自の目線で切り取った作品を堪能できる展示会ではないでしょうか?見終わった後には思わず箱を意識してしまいそうですね。

【開催概要】
開催日:2010年1月19日 (火) 〜3月13日(土)
開催時間:11:00〜19:00(土曜日は18:00まで)入場無料
休館日:日曜・月曜・祝祭日休館
会場:dddギャラリー

graf
ddd ギャラリー

関連記事
クリエイティブの価値を高める One Show企画展「One Show 2009展」
文化庁メディア芸術祭 平成21年度 [第13回] 受賞作品展開催
21_21特別展 「クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS」開催
古雑誌の魅力を感じる「藤本やすし+CAP magazin! magazine!! やっぱり雑誌大好き!!!」
posted by admin at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック