2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年02月07日

ARで売り場が変る!?東急ハンズ×pin@clip(ピナクリ)でARPOPを展開

最近マスメディアでも世界カメラをはじめとしてAR(拡張現実)の話題が徐々に露出されてきていますが、今回の紹介するのは東急ハンズの東京・渋谷店のARを活用した売り場の事例です。

ph1.jpg

こちらは東京急行電鉄やNECなどが共同で渋谷駅周辺で実施中のプロジェクト「pin@clip(ピナクリ)」と連携したものだそうで、アプリは「App Store」で展開されているそうです。実際店内で利用されているシーンを納めた動画がYouTubeにアップロードされていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下




東急ハンズの担当者は下記のようにコメントをしており、単なる画像をオーバーレイするだけとは考えていないようです。

「最初はPOP(店頭販促)の置き換えとして利用しようと考えていた。今では店舗の担当者の生の声を顧客に伝えたり、顧客の売り場での感想を交換したりと、双方向のコミュニケーションを促進できるプラットフォームだととらえている」via 東急ハンズ,拡張現実の技術で顧客の声を蓄積し販促強化 - 事例データベース:ITpro

まだまだ実験的なARですが、こういう実験をみるともう随分身近になってきたなと思わされます。ユーザーの利便性はまだ従来のPOPのほうがありそうですが、双方向でつながると言う意味では、既存の紙のPOPや映像媒体とはまた少し違ったものになりそうです。

東急ハンズ,拡張現実の技術で顧客の声を蓄積し販促強化 - 事例データベース:ITpro

関連記事
動きを楽しめる ソフトバンク「Jelly Beans」携帯スペシャルサイト
OLYMPUS PENの最新情報を発信するスペシャルサイト「PEN STYLE」
全てをサイバーショットで作るプロジェクト「Made With Cyber-shot」
ペプシコーラ 世界を良くするアイデア募集「Pepsi Refresh Project」
アムステルダムのデザイナーが日本滞在の様子を綴った「TOKYO Y YO」
posted by admin at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック