2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年03月09日

カラダの一部をインターフェイスに変える「Using Body as an Input Surface」

様々な端末が存在し、それぞれ入力のインターフェイスは異なり、キーボードだったりタッチパネルだったりと様々なインターフェイスが存在しますが、今日紹介する「Using Body as an Input Surface」自分のカラダをインターフェイスにしてしまうシステムです。

skinput06.jpg

このシステムはカラダの振動を読み込みそれを解析する装置をつかって動きを認識するみたいです。まったくのコンセプトモデルではなく、すでに実用テスト段階みたいで、実際動作しているシーンがYouTubeに公開されていましたので下記に貼り付けておきます。

詳しくは以下



自分のカラダをインターフェイスにというのはまた新しい発想ですね。そうちはまだまだ大きく、表示部分まで組み込もうとすると小型のプロジェクターも合わせて装着しなければいけないため、市場にでてくるのはまだまだ先になりそうです。

超小型プロジェクターが開発され、装置が小型化すれば、モバイルの分野はまた一歩未来へ近づきそうな技術だと思います。

Chris Harrison - Skinput

関連記事
ここではないどこかを撮影するカメラ「BUTTONS: Between Blinks & Buttons」
秘密のデータはここに隠す「Hollow Spy Coins」
ちょっとした工夫で傘の持ち運びを便利に「umbROLLa」
新しいマリンスポーツ!水の力で空を飛ぶ「Cool Water Powered Jet Pack」
クリエイティブなトイレットペーパー集「25 Creative And Awesome Toilet Paper Designs.」
posted by admin at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック