2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年03月15日

紙とペン×WEBカメラで作る音楽「inkQuencer」

最近のARなどの出現でWEBカムを利用して楽しむコンテンツが色々ありますが、今回紹介するのはWEBカムを利用したシーケンサー「inkQuencer」を紹介したいと思います。

ink.jpg

ペンで書かれた黒色の部分を読み取るようにできていて、書かれている絵自体が音楽に変換されていきます。紙とペンさえあれば誰でもたのしめるので、複雑なテクニックなどは必要なく、簡単に誰でも音楽を楽しむことができます。実際動作しているシーンをまとめたプロモーションビデオがvimeoに公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

inkQuencer from Sebastian Thielke on Vimeo.



動画を見て頂くと、どういった仕組みなのか分かりやすいと思います。書かれている部分を同一方向から読み取っていきますので、紙を回転させたり角度を変えることで、音もインタラクティブに変化させていくことができます。

演奏とまでは行かないかもしれませんが、アイデア次第で色々と遊べそうです。単純に楽しそうな良いアイデアのシーケンサーだと思います。

inkquencer

関連記事
トランプで作り上げられた世界最大の建築物「World’s Biggest Playing Cards House Made Using 218,792 Cards」
非現実な空間を作り上げるワイヤーフレームな店舗「dunhill A/W10 Installation by Campaign」
本そのものでつくる造形美「Paul Octavious - The Book Collection」
あらゆる紙で制作できるシンプルで美しい花「DIY - Wall Decor from Ruche's Lookbook」
音楽を表現するデジタル映像をアナログで再現した「Nobody Beats The Drum.」
posted by admin at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック