2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年03月15日

三次元と二次元の狭間を形にしたアート「Acrylic Paint on People By Alexa Meade.」

立体的な作品と平面の作品というのは作品の質というよりは物理的に大きく異なっていますが、今回紹介するのは平面の作品を、立体の世界に引き込んだようなアート「Acrylic Paint on People By Alexa Meade.」です。

kaiga_01.jpg

アクリルの絵の具で描かれた絵画のようですが、実はこれ、人の体にアクリル絵の具でボディペイントしていて、写真で収めると絵のようにも見えますが、人の部分も残っており、非常に曖昧な現実感を生み出しています。その他にも同一の手法で制作された作品が多数公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

詳しくは以下

kaiga_02.jpg

kaiga_03.jpg

kaiga_04.jpg


一見しただけだと、どこから現実かどこからが絵画なのか分からないくらい精密に書き込まれています。これも写真でみるのと実際に立体感のある実物を目視したときで印象が大きく変わりそうですが、面白い発想のアートだと思います。

こちらを制作したのはワシントンで活躍しているアーティスト「ALEXA MEADE」。彼女のその他の作品は「ALEXA MEADE \\ PORTFOLIO」からご覧いただけます。

Acrylic Paint on People By Alexa Meade.

関連記事
紙とペン×WEBカメラで作る音楽「inkQuencer」
トランプで作り上げられた世界最大の建築物「World’s Biggest Playing Cards House Made Using 218,792 Cards」
非現実な空間を作り上げるワイヤーフレームな店舗「dunhill A/W10 Installation by Campaign」
本そのものでつくる造形美「Paul Octavious - The Book Collection」
あらゆる紙で制作できるシンプルで美しい花「DIY - Wall Decor from Ruche's Lookbook」
posted by admin at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック